人間万事塞翁が馬 Written by Eiichi Nakamura

天草医報

天草の端っこで開業しています。夕方6時も過ぎると人通りもありません。 言葉を交わせるのは、わずかに妻と柴犬のモモちゃんだけとなります。従って、むしょうに都会が恋しくなることがあります。当番医にあたっていない週末のわずかな時間に何とか手の届く…

天草医報

しめやかな雨の降る4月中旬の夜のこと。診療を終えた後,製薬会社主催のネット講演会に参加しました。その日,妻は天草地域医療センターの小児科当番医のため不在だったことも手伝って,講演会終了後に何をして過ごそうかと,独身時代のような自由な気分を味…

天草医報

過疎地域の開業医となって12年。小児科を中心に修練してきたにもかかわらず,来院患者の多くは高齢者です。慢性疾患の管理をしているうちに要介護状態へと進行していくケースが,当診療所でも増加しています。かかりつけ医である私のほうから要介護の申請を…

天草医報

デイケアやデイサービスといった通所サービスは,高齢者の社会的接触の機会を増やし,かつ,家族の介護負担を軽減させるという,2つの大きなメリットを有しています。 五和町二江地区に夫婦で開業してほどなく,診療所の住居部分だったところを改築し,細々…

天草医報

歳をとるにつれ,酒の飲み方も変化します。10年程前までは,ときどき夫婦で缶ビールを1本分け合って飲む程度で,毎日ゆっくりと晩酌をする習慣はありませんでした。酔うことよりも喉を潤すのが目的といった感じでした。しかし,40代の半端を過ぎた頃から…

天草医報

開業して曲がりなりにも10年が経ちました。その間,多くの先輩方が経験されたであろうことも,私なりに経験してきたつもりです。 さて,少子高齢社会の医療におけるトピックスは「在宅医療」だとされています。桑野先生から五和町二江地区の診療を引き継い…