人間万事塞翁が馬 Written by Eiichi Nakamura

天草医報に関する記事一覧


天草医報

2年前から,介護老人施設の嘱託医として看取りや病状の重い方の管理を担当するようになりました。そのため,週末の旅行や趣味の登山に出かける機会がずいぶん減ってしまいました。ただ,幸い,地元天草は良質の温泉に恵まれているので,暇を見つけては温泉施…

天草医報

2016年4月16日(土)午前1時25分,震度7強の地震が熊本地方を襲いました。 午前の診療中,県医師会よりFAXにて,益城町へのJMAT活動への参加要請がありました。翌日は天草地区の小児科日曜当番にあたっていたため,今日土曜日の午後しか参…

天草医報

 父は,昭和4年生まれ。今年8月に87歳になります。昨年の秋頃から食欲が徐々に低下し,年末には全身倦怠感を訴えるようになっていました。加齢による虚弱のせいだろうと考えていました。 1月初め,松の内も開ける前のことでした。悪寒と戦慄,ひどい倦…

天草医報

夜に冷たい雨の降った昨年7月初めの朝のこと。玄関を出ると,外塀の内側にいくつか蝉の抜け殻が付いていました。しかし,その中に一つだけ,まだ薄緑色のままの幼虫が,背中の殻の隙間からその姿をのぞかせていました。早朝に土から這い出したため,まだ羽化…

天草医報

昨年12月末,友人夫婦との会食のため,車で福岡に出かけた時のことです。九州自動車道上り,植木インターを過ぎた頃,遥か前方に真っ赤な車が見えました。地に這いつくばるような恰好で,追い越し車線をゆったりと走っているようにみえます。車種を確認した…

天草医報

日々の診療に追われ,半ば強迫観念にかられつつ出席する講演会や医師会・介護関係の会議に追われていると,身も心も疲れてきます。同様な毎日を過ごしておられるはずの先輩諸先生方をみているといつもお元気そうで,尊敬の念を抱くとともに,自分に劣等感すら…

天草医報

さる8月末の日曜日,大矢崎緑地公園にて熊本県天草市総合防災訓練が催され,天草郡市医師会の1員として参加しました。  「南海トラフにてM9.0の地震が発生,天草市で最大震度5強を観測,天草市沿岸に津波警報が発表された」という想定の下,午前9時…

天草医報

2011年3月, 熊本県のJMATとして参加した東北大震災の医療支援の際,支援先であった宮城県女川町立病院医局での夜のひとときのことです。失われた病院機能のなかで最もダメージが大きかったものは何かという話題になりました。町立病院の院長は,し…

天草医報

ドライブを楽しんでいると,何とも言えず心に残る風景に出会うことがあります。三角半島の道の駅「不知火」付近から東に見える九州中央山地の山並みもその一つです。屏風の様に幾重にも折り重なった山々は,夕日を受けて輝くと,時間と場所を超えてどこか遠く…

天草医報

天草の端っこで開業しています。夕方6時も過ぎると人通りもありません。 言葉を交わせるのは、わずかに妻と柴犬のモモちゃんだけとなります。従って、むしょうに都会が恋しくなることがあります。当番医にあたっていない週末のわずかな時間に何とか手の届く…