本当に効くスキンケア メンタリスト DaiGoの動画から

メンタリスト DaiGo 知ってますか?
テレビのカード当てゲームをしているのを見て、どうしてわかるのかなあと不思議な人でした。

そのメンタリスト DaiGo が YouTube に動画をたくさんアップしています。
その中に、「高級品ほぼ意味ナシ!本当に効くスキンケアとは」という題で放送していたので、思わず見ました。

なんか、化粧品とかスキンケア用品を探すのが、あほらしくなるような内容でした。ワセリンとココナツオイルだけあればよくて、高級化粧品は意味なし!って。あなたはどう思いますか?

DaiGoの動画は、早口でなに喋ってるかわかりにくいので、少し文字起こししてみました。でも、しゃべくりで、ことば数が多いので、省いてます。

⇩ここから

高級化粧品とかは効果がない、意味がないです。なぜかと言うと、お金がかかってる場所が違うから。

今日ですね、ご紹介するのはアメリカ皮膚科学会ってですね、 AAD っていうところがあるんですけども、このアメリカ皮膚科学会っていうのがあって、普通の皮膚科の学会なんですけど、一般向けのですね、こうなんかレターみたのだしてくれるんですよね。これによって「本当に正しいスキンケアってどんなもの」とかですね教えてくれるんですよ。
「本当に大事なスキンケアってなんなの」ってことですね、言ってます。結論を言ってしまいますね。「日焼け止めと保湿のみです。それ以外はいらね」って言ってます。この二つ使ってるだけで、元々人間の皮膚のターンオーバーがあるのでかなり効果でるよって言われてる。何もしないと老化していくというより、むしろ余計なことしないでとりあえず素の人間の皮膚がちゃんと入れ替わってくれる、それを助けてあげるようなことをしてあげるだけで十分なんですよ。
外に出るとやっぱ陽に当たりますよね。僕みたいな森の中に入った人みたいなタイプだったらいいかもしれないけれど、皆さん外に出ると思うんですけど。少しだけでも陽に当たれば皮膚にダメージが来るんですよ。このダメージをまずどうにかしようということで日焼け止め。日焼け止めの使い方も大事。

乾燥ですね。乾燥を防ぐために、保湿剤を塗りましょう。要するに、油ですね。皮膚に膜を作ってあげましょう。

このクリームが効いたのよとかですね、モデルさんとか女優さんからおばあちゃんまでみんなが言ってるんですけど、これなんで効くかって言うとクリームに保湿剤が入ってるから効いている。クリームとかが肌の上にですね、膜を作ってくれて、そのおかげで水分の蒸発が防げたから意味があるんですよ。ほとんどの物質は皮膚に入ってかないですよ。ごく少数ですが、肌に入っていくのはレチノールですね。そんなに高くないですね。

よくオイルをつけたりすると肌に合わないんですっていう人とかがいると思うんですが、ココナッツオイルって天然の物質なんで、体に合わないこともある。そういえばオイルの種類を変えるとか。それか、ワセリンですね。

ココナッツオイルは保湿剤として有効なので、僕は食べれるやつ使います。その高くないんで。それかワセリンですね。僕は使い分けてたんですが、髪の毛とかにも使えるんです、ココナッツオイル。旅行に行くのも小さな瓶にココナッツオイルいれて持っていけば、それだけでOK。ココナッツオイルを使っていて、顔も髪もなんかボディクリームとかも全部ココナッツオイルになっちゃうんですよね。もし水にあたると溶けてしまうという弱点があるんですが、結構簡単に汗で流れやすいので、そういう時はワセリンとかを使って使い分けするのが重要なんですね。

まとめると、肌トラブルを解決したいなら、保湿剤と日焼け止めのですね、まあそうですね、もう一か月ぐらいですかね、3週間から4週間ぐらい使ってあげて様子を見てから考えるのがポイントってことですねえ。

基本的に、皮膚に入ってこないんだから。高い化粧品使ってるみたいな自己満足は無駄ですよ。あの大金を払うんだったらですね、もう止めませんが。

化粧水とクリームとの効果を比較した実験があります。化粧水だけ、化粧水塗ってからクリーム塗る、クリーム塗ってから化粧水、クリームだけのグループで比較したですね。化粧水だけだったグループで-32時間ぐらいで蒸発しちゃって意味なくなっちゃったんで、化粧水だけを塗るのは一番愚かな行為なんですが、それ以外は変わらなかったんです。クリームを塗れば、化粧水を後に塗ろうが先に塗ろうが、クリームだけ塗ろうが、全然変わらなかったですね。風呂上がり、ワセリンですね。

日焼け止めは、広域スペクトラムっていう機能が付いてるやつで、色んな波長吸収してくれる、 SPF 30以上。50の方が強力だとかいますけどもあんま変わらないですね。30でも特に問題ないです。なぜかと言うと汗で落ちるんですよ。段々段々落ちちゃったりとかするので。 SPF 30以上のもので、さらに防水仕様の方がいいです。なぜかと言うと汗で落ちるから。だからせっかく塗っても汗で落っこちると、むらができてるとそこだけ焼けるとかいうことが起きるので、防水仕様広域スペクトル SPF 30以上の日焼け止め。

男性も若々しく見せるためには、体を鍛えるのとスキンケアをしていたほうがいいです。
保湿剤を使って自分のためになるべくタンパク質をたくさん食べてね野菜もいっぱい食べてねあのなるべく寝た時間に寝て睡眠の質を高くしていう風に自分の内側から良くしていくってことはできるんですよ。

⇧文字起こし ここまで。まだまだ、続くんだけど、疲れたのでこの辺で終わり。あとの内容は自分で聞いてね。

若い女性の香りは金木犀と桃の香り

@Niftyニュースを見ました!

女性の加齢に伴う体臭の変化は、男性のそれとは違うんですって。
男性の加齢臭は、2-ノネナール。
初めて聞く単語だけど、なんか臭いそうな命名ね。

それよりも、驚いたこと!!!
若い女性特有の匂いがあって、特定されたんですって。
「ラクトンC10/ラクトンC11」と言われる物質で、ラクトンC10は金木犀の香り物質、ラクトンC11は桃の香り。
トイレの消臭剤に、金木犀はよく使ってあるけれど、それが若い女性の香りなんて。まあ、桃の香りは納得できるような。
この香りを身につければ、見た目年齢が、ー1.1歳若返るんだって〜
この手を使わないなんてナシね。
芳香剤や消臭剤に使わずに、オードトワレにこの二つの香りを入れこんでくれたら、キマリ。
いつも若々しい香りを振りまいて、男性にチヤホヤされたいわ〜

近年、ニオイに関する研究が進んでいるが、第3回日本抗加齢協会フォーラムでは「加齢に伴う女性の体臭変化に関する研究」と題し、ロート製薬株式会社スキンケア製品開発部の望月佑次氏が発表を行なった。
望月氏はまず、四季折々のニオイの特徴と原因を四季折々の原因に分類した。春は汗腺機能が低下しており、進学・就職等の環境変化によるストレス臭が増加。梅雨時期は洗濯物の部屋干しによる生乾き臭が発生しやすく、夏は皮脂・発汗量の増加による腋臭や加齢臭。秋は夏疲れの肝機能低下による疲労臭やアンモニア臭、冬は空気の乾燥による口臭や、頭皮皮脂の分泌が増えることによる頭皮臭や、通気性の悪いブーツ等の足蒸れが強くなることなどを紹介した。また、現在は、体臭成分としては300種類以上が発見されているとした。
ニオイには「食物を認識して摂食行動につなげる」「仲間や敵、異性を認識して誘引、忌避、生殖行動につなげる」という役割があり、体臭は汗・皮脂と皮膚常在菌(微生物)、さらに分解や酸化などの要因が複雑に絡み合って引き起こされる。
望月氏は「19~79歳の男女25人を対象にした試験では41歳を境に増加したの体臭成分は2成分(ジメチルスルフォン/ベンゾチアゾール)だけだったであったり、21~34歳までの女性10人を調査した結果でも2-ノネナールが検出されたりしていた」19~79歳の男女25人を対象にした試験では41歳を境に増加したのは2成分だけだった」と紹介し、女性の加齢臭は、中高年男性の加齢臭の原因として知られる2-ノネナールとは断定できないと結論づけた。
さらに望月氏は、10~50代の女性50名を対象に行った「加齢に伴う体臭の変化の試験」では、若年女性特有の香りが「ラクトンC10/ラクトンC11」と言われる物質であることが判明したことも紹介。ラクトンC10は金木犀の香り物質、C11は桃の香りで、ロート製薬はこれらの香りを「SWEET臭」と表現した。
香料を嗅ぎながら、女性(実年齢平均40歳)の写真を見て「女性らしさ」「若々しさ」「魅力度」をアンケートで答える試験では、「ラクトンC10/C11」を含む香料は無香料と比較してー1.1歳見た目年齢を若くし、「女性らしさ、若々しさ、魅力度の見た目印象を良くする効果があることも確認した」とも述べた。
女性の加齢臭に対する対策として、単純に洗浄によってニオイを落とすだけではなく、「ラクトンC10/ラクトンC11」の香りを加えることで、効果的なアプローチが出来るかもしれない。
(2018年12月14日、日本抗加齢協会フォーラム「見た目のアンチエイジング」より/取材/文 継田治生)